プレマリンで欠乏するホルモン補充!更年期障害に負けない中年女性

女性ホルモンを補う

三世代家族 プレマリンとは、体の中で不足した卵胞ホルモンを補う事の出来る薬であり、主に更年期障害の体に起こる不調や不快な症状を緩和させる事ができ、更年期障害は閉経に伴い卵巣の機能を衰退させる事で女性ホルモンの放出が急速な低下をみせる事で体が対応できず、体の火照りや動悸、目眩、不眠等の自律神経失調症状と苛立ちや意欲の低下等の精神症状が相互に複雑に作用し合い不規則に女性の方の体に不調を起こし、中には気にならない程度で落ち着く方もいれば、堪え難い苦痛として生活に支障を及ぼす事もあります。

プレマリンは、更年期障害を起こす時期である閉経期前後の期間内で少量を投与する事で上記の不快な不調を改善する事ができ、特に本剤は火照りや多汗等の血管運動の神経症状に対して効果が高いと考えられ、また機能を低下させる事で生殖器も萎縮する様になり伴い起こる尿の失禁や膣が乾燥した状態の改善に対しても効果があるとされ、世界的にも唯一骨量を増加させる効用のある卵胞ホルモン薬とされ長期間の投与になれば骨折の予防にも繋がるとされています。

上記から分かる通り、女性の方特有で起こる症状の治療に用いられるプレマリンですが、こういった事以外にも適応症があり予定外に出血が起こる機能性の子宮出血や膣の炎症、さらに卵巣の機能不全や卵巣欠落症にも適応でき、婦人科の領域では様々な治療に用いる事が出来る為、処方の機会も多い薬になります。

またこういった卵胞ホルモン薬だけの投与となる事はほとんどなく、何かしらの病気により子宮摘出している際には単独での投与が行われますが、基本は黄体ホルモン薬として併用を基本とした治療になります。

従来まではエストロゲンが欠乏した状態を改善する事で長期的に投与をした際にはアルツハイマー等を予防する事が出来るとされましたが、大きい規模での臨床試験を実施した結果では症状を悪化させてしまう事も分かったので、老化を予防する薬として安易な投与は控える様にして下さい。

プレマリンは卵胞ホルモンを補う薬で更年期障害に有効です。

▲ Return to page top