プレマリンで欠乏するホルモン補充!更年期障害に負けない中年女性

更年期障害の改善

更年期障害の改善 更年期障害とは、簡単に説明すると閉経の準備の為に体内の女性ホルモンが減少する事により起こるもので体や心に症状が現れ、まったく気にならない方もいれば、症状が重く出てしまう事で堪え難い苦痛となり日常の生活に甚大な被害を及ぼしてしまう事もあり卵胞ホルモン製剤を用いて女性ホルモンを補う事で起こる症状の緩和をする必要がある場合もあります。
更年期と言われる時期は個人差もありますが、ほとんどの方が40代半ばが境目になりこの時期は月経不順あるいは異常が診られ卵巣の機能を低下させる時期になる為、ホルモンバランスが大きく変化し閉経年齢として考えられているのが50歳前後となるので閉経前後の45歳くらいが目安となります。
減少するホルモンはエストロゲンであり、若い頃に無理なダイエットなどをした為に食事のバランスが偏ったり不規則な生活、ストレス、環境が変わる事、加齢などに起因し卵巣の機能を低下させる事に繋がります。
治療を必要とする女性にはプレマリンを処方される事が多く、卵胞ホルモンを含んだ薬で古くからある治療薬であり急速に衰え機能が低下する事によって起こる冷えや動悸、頭痛、めまい、肩こり、腰痛、不眠、イライラ等の症状を和らげられ日常生活で障害となる不快な症状をなくす事が出来ます。
プレマリンはこれ以外にも卵巣欠落症状や卵巣機能不全症に対しても有効性が認められ、さらに機能性子宮出血や腟炎にも効果があるので広い分野で女性ホルモン補充療法として取り入れます。
またこの薬を長期間服用する事で骨粗しょう症の予防にもなり骨量を増加させたりする事でも出来るため骨折予防にも繋がります。
服用にあたり血栓症を起すリスクを伴うので、服用するのであれば定期的な検査を行うようにしてください。
ジェネリックも登場しており、エストロモンという商品名で販売されているので苦痛となる症状を1人で抱えるのではなくジェネリックを使い自宅であるいは医師に協力してもらいながら更年期障害を乗り切り快適な老後を過ごしましょう。

▲ Return to page top