プレマリンで欠乏するホルモン補充!更年期障害に負けない中年女性

閉経後に起こる症状

閉経後に起こる症状 更年期障害は、閉経により卵巣の機能を低下させる事で内分泌物質である卵胞ホルモンの放出量が低下する事で脳内にある視床下部や脳下垂体に分泌を促すシグナルと食い違いが起こる事で体が付いて行く事が出来ずに起こるとされ、女性の方の閉経期は40半ばから55歳位とされ個人差はあるものの約十年の間で起こり、症状が気になら無い程度の方もいれば不規則に起こる自律神経失調症状と精神への症状に耐えられ苦痛を感じてしまう方もおり、こういった症状は心身症の様相を呈すると考えられています。
更年期障害の特徴的なものにホットフラッシュを挙げる事ができ火照りやのぼせがあり、この他にも血圧の乱高下、動悸、目眩等の多くの自律神経失調症状や抑鬱状態や情緒不安定、苛立ち等の精神への不具合を招きます。
更年期障害の改善を行うには不足する卵胞ホルモンを補うHRT、ホルモン補充療法を行う事で上記の不快となる症状を改善させる事ができ、その際に用いられるのでプレマリンという結合型エストロゲン含有のホルモン剤になります。
プレマリンとは、閉経の前後で少量を投与する事で不快症状を緩和あるいは改善する事ができ、特にホットフラッシュ等の血管運動の神経症状に対しては有効性が高いと言われ、また性器の萎縮に伴い起こる尿失禁や膣の乾燥に対しても有効と考えられており、体内に取り込まれる事で成分が活性化しE2に変わる事で卵胞ホルモンを補う事が出来ます。
注意が必要なのは、子宮や乳房に癌の有無の確認が必要となり有と判断させる際は内服する事が出来ず、理由としてホルモンを補充する事で腫瘍を悪化させる事に繋がりまたOCと同様に血栓症の危険性が考えられるので心筋梗塞や血栓性の静脈炎等の疾患を持つ方も内服する事は出来ません。
ホルモンに変化を与える事になるのでプレマリンの副作用として起こるのが吐き気や嘔吐、不正出血あるいは乳房への張りまたは痛み等が挙げられ、体が慣れるまでは続くと言われ、その後は症状軽快になると考えられています。

▲ Return to page top