プレマリンで欠乏するホルモン補充!更年期障害に負けない中年女性

プレマリンの効果

プレマリンの効果 45~55歳位の時期を前後する期間を閉経期といい、更年期を迎えた女性の方に起こるのが更年期障害であり特徴的な症状にまず火照りや紅潮といったホットフラッシュが挙げられ、他にも頭痛や倦怠感等の複数の症状が不規則に起こる事により人によっては苦痛を感じる事や生活に影響が出てしまう方もおり、閉経を発端に卵巣が機能を低下させる事でエストロゲンが体内で欠乏する事で起こるとされ、このホルモンはE1・E2・E3と分ける事が出来ますが、本症はE2の不足によるホルモンの均衡を崩してしまうと言われています。
更年期障害の治療には補充療法としてHRTとして、女性ホルモン剤の投与により欠乏状態を改善する事で起こる症状の緩和に繋がるとされこの方法は国内では十数年に渡って行われてきたている方法で実績も高く女性の方のQOLを高める事が出来るので有効であり尚かつ適切な方法として考えられています。
用いられるホルモン剤であるプレマリンとは、結合型のエストロゲンを成分として経口内服薬となり少量を用いる事で不快な症状を改善する事ができ、特に上記にも記したホットフラッシュ等の血管運動神経症状に対しては有効性が高いと言われ、内服し体内に取り込まれると成分が活性しE2に転換される事で効果を発揮するとされています。
ホルモンを補う以外にもプレマリンには女性器の萎縮に伴う膣の乾燥や尿失禁に対しても適応するとされ子宮内での予定外に起こる出血である機能性の子宮出血や膣炎に対しても適応が認められている薬剤になり、長期的な投与は骨量を増加させる事も効果として認められているので骨折の予防に繋がる世界でも唯一の女性ホルモン剤になります。
ホルモン投与によりその均衡に大きな変化を与える事になるので内服開始から二から三ヶ月は不快な症状が伴うとされ吐き気や嘔吐、または乳房に張りを感じる事や痛みが起こる事がありますが、体が慣れる事で次第に軽快になると言われています。

▲ Return to page top